社会人3年目になったら”転職”しなくても”転職活動”はすべき!


社会人3年目はある意味節目の年と言えます。入社してすぐの人が辞めたいというと、”石の上にも三年だ”という言葉で 一蹴されてしまうケースもままあります。その3年の呪縛が解けた社会人3年目は、ある意味社会人になっての初めての節目と言えます。この社会人3年目のタイミングでオススメしておきたいことは”転職活動をする”ということです。あくまで”転職”をオススメしているのではありません。人それぞれ状況が異なるので、”転職する”ことを全面的にオススメは出来ませんが、”転職活動”自体は是非オススメしたいです。以下実体験を踏まえながらオススメする理由を挙げていきます。

社会人になっての自分の足跡を整理出来る

転職活動に必要な書類として、履歴書と職務経歴書があります。特に職務経歴書というものを書くと自分が社会人になって何をして、どのような成果を上げたのか整理することが出来ます。職務経歴書を書いてみると、自分が上げている成果の少なさに気づく。。なんてこともよくあります。

外のモノサシで自分を評価出来る

職務経歴書・面接を通して、他の企業のモノサシで自分がイケているのか、イケていないのかということを評価してもらうことが出来ます。これは非常に重要です。例えば会社内で成果をあげていたとしても、社外で評価されていないと、結果として社内でしか通用しないビジネスマンになのです。転職活動を通してどういう人材が社外でも評価されるのかということを認識し、自社以外の基準で仕事に取り組む機会になります。

広い視野でキャリアプランを整理出来る

面接で必ず今後どのようなキャリアを考えているのかということを聞かれるので、否が応でも今後のキャリアプランを考えるきっかけになります。知らず知らずのうちに自社内でどのようなキャリアを描いていくかという内的な視点になりますが、自社外にもキャリアの選択肢は多くあります。そんな視点の広くキャリアプランを整理できるのは転職活動のメリットです。

社会人になってからの自分の価値観の変化に気づく

就活の時は働いていない段階での会社選びですが、働いた後で会社選びをすると自分の価値観が微妙に変わっていることが多いです。また根本は変わっていなかったとしてもより具体的になっているものです。普段はなかなか気付きませんが、いくつかの会社を見て自分がいいなと思った会社の共通項を上げてみると、社会人になった後に価値観に気づけます。

外部とのネットワークを作っておける

たとえ転職しなくても、面接を通じて人材紹介の人と仲良くなるなんてこともよくあります。そんな人とゆるくでもつながってことで、いざ転職するという時にスムーズに転職活動に移ることが出来ます。また定期的にコンタクトを取ることで、〇〇の会社のポジションが空いた、といういい案件を紹介してくれることもあるので、外部のネットワークを作っておけることは今後のプラスになります。

 

最近だと、直接企業の人事や人材紹介会社の人とマッチングしてくれるサービスも出ているで、転職活動もだいぶハードルが下がってきました。そんなサービスを利用して一度”転職活動”をしてみることをオススメします。