若頭 WAKAGASHIRA とは

若頭は自分の将来を真剣に考える10代が自ら考え、行動し、自分の未来を切り開いていくためにヒントとなる情報を提供します。
学生生活は高校卒業後の進路(進学・就職)で一つの集大成を迎えますが、人生はそこからずっと続いていきます。
若頭は進学のその先の「自分はどうありたいか?」を見つける支援をします。

若頭のコンセプト

成長するために”行動”にフォーカス!

若頭は、成長するためには単なるインプットだけでなく、行動が必要だと考えています。
皆様が自分自身の行動によって成長できるような機会・環境の提供を行っていきます。

コミュニティメンバーで高めあう!

各業界の成長意欲が高い若手が集うことで、刺激し合い、成長速度を加速させることを目的としています。
仲間の行動を支援することで、自分も一歩踏み出せるコミュニティにしていきたいと考えています。

お手本となる先輩、共感できる仲間が悩んだこと、決めたこと、将来の夢を語ります。

自分で自分の将来を決めるためには
「自分たちの同世代はどう考えているのか?」
「少し上の先輩はどう考え・行動したのか?」
「何かを成し遂げた人はどうだったのか?」
という多くの人の考えを吸収することが必要だと思っています。
他人を知り、自分を知る。そして行動して自らの将来を切り開いていってください。

若頭を作った背景

環境が人間を作る。
これは紛れもない事実だと思います。
どれだけポテンシャルがあっても、それを開花させる環境がなければ時間とともに枯れてしまいます。

「成長に意欲のあり、伸びる素地のある10代がその可能性を開花できる環境を作りたい」

そのためには目指せるロールモデルを見つけることや自発的に努力できる仕組みが必要だと思っています。
「若頭」では、10代の皆さんの少し先輩の成功体験をもとに1人でも多くのリーダーが育てられるような取り組みをしていきます。

団体概要

団体名 若頭 WAKAGASHIRA
連絡先 info@wakagashira.org
編集長

上村 菜穂
23439334_1390329797759752_317518836_n

女性キャリア支援・PRブランディング

20代女性向けの集客やPRが得意なライターとして学生からフリーランスとして独立。

14歳でメールマガジン20,000人・恋愛部門1位を取得。歴代最年少記録。

学生が月間2,000名以上集まる『賢者屋』の創設メンバー、副代表を歴任。

東急グループでの企画立案からのライターや、楽天大学にてライティング講師を務めた。

2016年には東京大学・学園祭で『教育のできない人は起業を諦めなさい』にて女性唯一のパネラーに選出され登壇するなど、登壇は述べ1,000名以上の前で行う。

自身の開催イベントでは女子大生を中心とした20代前半女性を述べ600名以上集客してきた。

現在はこれらの経験を活かし、ライター業に加えて女性の起業・PR事業をしている。

またNPO・Schick Woman(粋な女性)のコミュニティー代表としても活動中。