社会人3年目のビジネスパーソンが目標にするといいこと


社会人3年目の目標

社会人3年目は「新人」の集大成の年だと思う。
単に業務単体ではなく、組織の中での振る舞いや業界全体のことも理解した上で
若手ビジネスパーソンとして完成することを目標とすることをおすすめする。

早期に独立を目指す人はこの辺りでチャレンジしてもいいかもしれない。
会社に残る人は次の目標を見つける動きをしても良いかもしれない。

いずれにせよ、1年を3サイクル回して見ればおおよそのことがわかるという前提で
その次を考えられると良いと思う。

仕事に慣れることの弊害

社会人も3年目になると、働くという環境自体も慣れているだろう。
業務、仕事の理不尽さにも慣れて「こなせて」来る頃だろう。
「こなせている」ことに満足している人は伸びない。それなりに忙しくもなっているだろうから、「流してやっている」自分に気づくことすら難しいだろう。

そうして自分の「苦手なこと」から目をそむけている事実、「もう一歩上にいくために必要な努力」の存在に気づかずに過ごしてしまうことが多いのだ。
「若手ビジネスパーソンとして完成」するにあたって一番の危険はここである。
1年目・2年目を精一杯過ごしてきた人にとって、3年目は障害の少ない、ともすれば黄金期のように見えることも多いのだ。しかし、人は失敗から学ぶことは多くとも、成功から学ぶことはほとんどない。順調こそ成長への一番の障害なのである。

迷った時は厳しい方を選択する

では、3年目のビジネスパーソンが目標である「若手ビジネスパーソンとして完成」するためにはどうしたら良いだろうか?

オススメするのは「迷ったときは厳しい方を選択する」というルールだ。
先ほども述べたとおり、ある程度の力があれば苦しいことを回避する方法を見つけることはたやすい。
苦しいことだからといって成長に繋がるとは限らないが、成長に繋がることは常に苦しみを伴う。嫌なことを回避してばかりいては成長できないのだ。

苦しかった思いはそこを乗り越えた人にだけ、輝かしい思い出になる。
一つでも多く、苦難を克服し、成長してほしい。
そうして、高みに上り、世の中が見えてくると次の目標に挑戦したくなってくる。
一度はまったら抜け出せない「成長」というドラッグの魅力に取りつかれてみてほしい。