学生の「え、お金かかるんですか?」と戦う


こんにちは。

3rd class(株式会社BYD運営)代表の井上です。

 

「タダほど高いものはない」

この言葉を耳にしたことがない人はそういないと思います。

 

一方で、学生という立場

とくに就活生だと「タダ(無料)」が山ほどありますよね。

 

そうして与えてもらっているときこそ、

人格レベルを上げる機会でもあり、ある視点で物事を見るべきときでもあります。

 

これは社会に出ても通用する力になっているので、

無料している人はぜひ最後まで目を通してください。

 

 

最近、大学生に対する無料サービス多いなって思ってます。
僕の感覚だとここ4年くらいで爆発的に増えてます。

実は昔からそうだったのかもしれませんが
売り手市場と呼ばれる今は無料で受けられるサービスが多いです。

 

そこで、いつも感じているのは、
大学生の「無料慣れ」です。

就活で人材系会社のサービスつかえば
無料で焼肉食べれたり、ピザやお寿司が食べられます。
社会人とご飯にいけば、多めに払って貰うことや
全額おごってもらえることも多いです。

 

最近も周りの大学生が
「無料で焼肉おごってもらっちゃったよー!」
「私今度お寿司食べられるかもしれない!」
「無料で教わることができるんです!!」
って騒いでました。

 

無料セミナー、無料サポート、無料飲食は
今や大学生にとって
当たり前に受けられるサービスなんじゃないかと思ってます。

 

でも、それによって弊害もあるなと思います。

 

無料の裏には必ず
「無料な理由」が存在します。

 

それが社会人のご好意の場合もあるし
裏の何かに誘い込む甘い勧誘かもしれない

「無料だから!」って理由で行動するのも良いですが
それだけで何もかも判断してしまうと
お金のありがたみが分からないし
無料で〇〇してもらったからって理由で
本来の想いと違う判断をしてしまう可能性があります。

 

だからこそ、もし社会人に無性で何かしてもらったときは
誠実に感謝をすること
相手に対して気を使うこと
なぜ無料なのかを考えること
これらをしてほしいなと思っています。

 

僕ら3rdclassは大学生から受講料を受け取っているわけですが
「無料なれ」が流行っている中
自分のアルバイト代から月1万円を払っている彼らは
本当にえらいなぁと思っています。
(それでもわけわからないくらい安いですが笑)

学生は是非、無償でなにかしてもらえることに
感謝の気持ちを持って、理由を考える力を
身につけてほしいなと思ってます。

 

圧倒的に成長したい人は
学生向けキャリア教育スクール「3rdClass」

「3rdClass」は表現力や思考力、判断力といった
「社会に出た時に必要とされる考え方やスキルを習得するためのスクールプログラムです。 21世紀型キャリア教育プログラムを通して社会で活躍する力を育てます。 圧倒的に成長したい人には最適です。興味がある方はまずは授業見学から!


text :